HOME > 市民活動団体データベース > NPO法人スミス会議

NPO法人スミス会議

団体名
(ふりがな)
NPO法人スミス会議
代表者氏名 森 將豪
  氏名 杉原 正樹
  住所 〒522-0064 滋賀県彦根市本町2-3-3 北風寫眞舘内(事務局)
  電話 0749-24-8781 FAX 0749−27−2621
  E-mail  
  URL http://smith-meeting.com/
  連絡方法 電話
活動の概要 組織形態 NPO法人 設立年 2007年
活動エリア 彦根市 会員数 約50人
会報  
活動分野 【地域・まちづくり】【歴史・文化・芸術】
活動目的・内容 この法人は、滋賀県彦根市及びその周辺に存在する文化財的価値の高い建築物及び
構築物を保存・再築・維持するとともに、当該建築物等の周辺地域のまちづくりに関する事業を行い、
もって滋賀県彦根市及びその周辺の地域性を活かした個性あるまちづくりに寄与することを目的としています。
一言PR スミス記念堂は、昭和6年に日本聖公会彦根聖愛教会のアメリカ人牧師で、
彦根高等商業学校(現・滋賀大学経済学部)の英語教師でもあった
パーシー・アルメリン・スミス氏が両親を記念し、感謝する思いと
日米両国の人々の基督教を通じた交流を願って多額の自己資金を投じ、
日米双方からの醵金により、彦根城の旧・中濠端(現・外濠)に建設された和風礼拝堂です。
この建物は、彦根の宮大工である宮川庄助氏の協力で施工されました。
平成8年、都市計画道路の拡幅工事により取り壊し寸前であったこの建造物は、
移築活用を願う「スミス記念礼拝堂を彦根に保存する会」により解体保存され、
「特定非営利活動法人スミス会議」へと思いが引き継がれました。
現在のスミス記念堂は、彦根の各界各層有志の多額の醵金と、
彦根市の協力により、平成18年12月7日に再築されたものです。
スミス記念堂は彦根の近代化遺産です。
私たちはこの大切な文化財を、新しいツーリズムの場として、多くの方のご利用を願っています。

>>市民活動団体データベース